愛人に憧れを持っています

愛人と言うと、なんだか日陰の存在のようなイメージがありますが、最近では「愛人にしたい女性」とかテレビでも言われていて、愛人がそれほど暗いイメージではなくなってきているな、と思います。
私は愛人になった方が妻になるよりも楽でいいな、と思います。愛人はいいとこ取りで、男性の世話をしなくていいので、とても楽なのではないかなと思うのです。
妻は夫の食事の世話や洗濯の世話、いろいろな世話をしなければなりません。しかし愛人は時々あって、愛し合うだけの中ですし、レストランで美味しいものを食べたりするだけで、いいとこ取りだと思うのです。
もし、自立しているとしたら愛人になった方が楽でいいです。私は愛人になりたいと思います。
好きな人がいても、ちゃんと自分の仕事をしていればいいし、愛人だとマンションを買ってもらったりして楽ができるのです。プレゼントもいっぱいもらえるし、甘えるだけ甘えられるので、とってもいいと思います。愛人の存在も今ではそれほど日陰の存在ではなくなっていますし、愛人を持つくらいの力の持ち主は、経済的にも豊かな人でしょうから、経済的な心配をしなくていいのでとてもいいです。
愛人になっても結婚を迫ったりはしません。あくまでも愛人と云う地位が好きなのです。
愛人になれたらすごく楽だと思いますし、いつも綺麗に化粧をして綺麗な服を着て上機嫌のときに会えるので、生活感なしの関係を続けることができるので、とても理想的だと思います。